弁護士が教える
正しい相続の知識

KNOWLEDGE

父が借金の連帯保証人に。父が死んだときの相続の放棄の要否は?

相続の放棄 2017.08.27

保証人の地位も相続の対象

相続が開始すると、亡くなった方の契約関係は、原則として、相続人に承継されます。

連帯保証人の地位も相続の対象とされておりますので、お父様が亡くなったとき、相続人が連帯保証人の地位をひきつぎます

主債務者(借金の借主)が遅滞なく支払を続けていれば、問題はありませんが、もし遅滞がある場合には、連帯保証人も支払をする必要があります。

相続の放棄で解決

もし、ほかの遺産も相続する必要がないのであれば、「相続の放棄」の手続きを行えば、連帯保証人の地位も相続しないで済みます。

相続の放棄は、原則として、死亡を知ったときから3か月以内に行う必要がありますので、法律事務所にご相談ください。
3か月を経過していた場合にも、正当な理由があれば、相続の放棄が認められることがありますので、あきらめず、相談してください。

相続放棄の詳しい記事はこちら